現在位置

HOME > 沿革・概要

蔵書検索メニュー

  • 簡易検索
  • 詳細検索
  • 新着資料検索
  • 県内横断検索

図書館について

中央図書館案内
概要

越前図書館  明治29年進修小学校に開設された谷口文庫に始まり、大正12年に町立図書館として開館、昭和52年に市立図書館に新築した、県下でも歴史のある図書館です。
  平成18年8月に移転し、現在の図書館になりました。

構造 鉄筋コンクリート一部2階建て

全館バリアフリーで有害物質を含まない建材を使用しています。

延床面積 約3,770平方メートル
駐車場 文化センターと共有で150台
蔵書冊数 約32万冊(平成21年4月現在)
1階

一般図書コーナー、児童図書コーナー、地域資料コーナー、情報・視聴覚コーナー、新聞コーナー、雑誌コーナー、紫式部コーナー、学習支援室、録音編集室、対面朗読室、交流室、事務室など。

■図書館の特徴

一般図書コーナーの随所に、いす100席を設置しています。
また、持ち込みパソコンも使える自習席が46席、グループ席2室、研究個室3室があります。

インターネット用パソコンと資料検索・予約などができる利用者端末機を備えた情報検索コーナーを5ヵ所設置しています。

児童コーナーには、「あかちゃんコーナー」や「おはなしのへや」があります。また中高生向きの資料を集めた「ティーンズコーナー」も設置しています。子ども専用トイレや授乳室もあります。

県内の図書館で初めて、ICタグを導入しています。無断持ち出しを防止し、将来的には蔵書管理全般で運用する予定です。

館内写真(自習席)館内写真(一般図書コーナー)館内写真(児童コーナー)


利用案内はこちらからご覧ください
2階 約20万冊収容可能の閉架書庫。
館内見取図 館内地図
※クリックすると拡大写真を表示します。
沿革
詳細
1896(明治29年)   谷口一学氏の遺志により進修小学校に谷口文庫を開設
1909(明治42年) 9月 谷口文庫を拡張し、進修図書館とする
1922(大正11年)   山本甚三郎氏から図書館寄贈の申し出があり、石造書庫3階、閲覧室2階建ての図書館建設着工。総工費約1万5千円
1923(大正12年) 12月 町立図書館として開館。進修図書館の蔵書を収容
1936(昭和11年)   図書の館外貸出しを実施
1948(昭和23年) 4月 市制実施により市立図書館となる
1950(昭和25年)   日本十進分類法に基づき蔵書約17000冊を再整理
            12月 図書館協議会を設置
1961(昭和36年)   図書の開架を実施
1966(昭和41年) 12月 元検察庁庁舎を改装し移転
1969(昭和44年) 11月 積層式三層の書庫(70000冊収容)を建設
1971(昭和46年) 4月 貸出し方式にブラウン方法を採用
1975(昭和50年)   地区公民館の改築に伴い市立図書館配本所を順次開設
1977(昭和52年) 8月 武生市立図書館開館
1989(平成元年) 4月 武生・鯖江・今立の2市1町の図書館で広域貸出サービスを実施
  6月 郷土資料関係新聞記事のパソコン検索開始
1990(平成2年) 4月 貸出冊数制限撤廃
1992(平成4年) 5月 分館開館 蔵書約13000冊
1998(平成10年) 1月 児童書専用の図書館、児童室キッズが武生市立図書館の隣に開館
2005(平成17年) 1月 中央図書館起工式。建設工事開始。
  10月 旧武生市と旧今立町が合併。それに伴い、武生市立図書館は越前市武生図書館に、今立町立図書館は越前市今立図書館になる。
2006(平成18年) 8月 越前市中央図書館 開館
今立図書館案内
概要

今立図書館  明治42年に開館した花筐図書館が大火で消失した後、粟田部町立図書館、粟田部町立花筐文庫、今立町立花筐文庫と改称を繰り返し、昭和58年4月に現在の図書館になりました。
 歴史民俗資料館を併設しています。

構造 鉄筋コンクリート一部2階建て
延床面積 約1,447平方メートル(資料館を含む)
蔵書冊数 約11万冊
1階

一般閲覧室、児童閲覧室、郷土資料閲覧室、新聞・雑誌閲覧室、展示室、収蔵庫、事務室など。

館内写真(一般閲覧室、自習席)館内写真(受付)


利用案内はこちらからご覧ください
2階 書庫、会議室、視聴覚室
沿革
詳細
1909(明治42年) 11月 花筐図書館開館式を挙行する
1927(昭和2年) 4月 粟田部の大火に伴い、花筐校の全校舎類焼とともに、図書も全て消失する
1929(昭和4年) 5月 すべてを町に移管し、「粟田部町立図書館」と改称。花筐小学校内に併設する
1936(昭和11年) 5月 花筐小学校跡地(粟田部22号南玉ノ尾22番地)に、「花筐文庫」起工
1937(昭和12年) 4月 花筐文庫の開庫式。蔵書冊数2000冊
1956(昭和31年) 10月 「今立町立花筐図書館」に改称
1959(昭和34年) 10月 それまで土日のみの開館だったのを月曜を除く毎日開館へとなる
1972(昭和47年) 9月 福祉センター落成に伴い、今立町立花筐図書館分館として、図書館業務をセンター内中央児童図書室にて開始する。従来の花筐図書館本館は、毎週水曜日のみ開館することになるが、事実上閉館となる。
1982(昭和57年) 7月 新図書館(歴史民俗資料館併設)の起工式が行われる。同58年3月20日竣工。
1983(昭和58年) 4月 図書館の設置および管理条例が公布され、図書館の名称を「今立町立図書館」とする。6月に竣工式。蔵書8659冊
1984(昭和59年) 5月 旧岡本村図書館蔵書の図書1529冊が、和紙の里会館より移管される
  6月 町内の4児童館に100冊ずつ配本し、団体貸出を始める
1986(昭和61年) 7月 年間貸出冊数が40000冊をこえる
1987(昭和62年) 3月 福井県立図書館今立配本の図書(1524冊)が、今立町立図書館に寄贈される
1989(平成元年) 3月 図書館内に「三田村文庫」(2829冊)を設立