貴重資料

貴重資料

佐久間家文書
佐久間家旧蔵文書。
佐久間家は、本多富正以来の本多家の重臣として仕えており、本多家文書も管理していた。府中本多家関連の文書が大部分で、市指定文化財(200点)を含む。
昭和38年に寄贈。
佐久間家文書目録
利器工業組合関係文書
利器工業協同組合旧蔵文書。
この文書は、江戸時代中期から明治初期までの鍛冶株仲間や、それ以降に組織された鍛冶仲間組合、打刃物製造組合などに関する資料である。市指定文化財(19点)含む。
昭和55年、越前打刃物が国指定の伝統工芸品となった。
利器工業組合関係文書目録
栗塚文庫(洋書)
栗塚文庫については、こちらのページをご覧ください。

貴重資料のご利用について

  • 貴重資料の閲覧は、原則閲覧希望日の1週間前までに申請が必要です。「貴重資料閲覧申請書」に必要事項を記入し、ご提出ください。
  • 貴重資料の損傷が著しい場合、閲覧をお断りすることがあります。
  • 資料の撮影をご希望の場合は、別途申請が必要になります。「貴重資料撮影・複写申請書」に必要事項を記入し、ご提出ください。
  • 貴重資料の貸出等については、直接図書館までお問い合わせください。